Attelia_overview

 

In today’s ubiquitous computing environment where the number of devices, applications and web services are ever increasing, human attention is the new bottleneck in computing. Since applications and services are employing proactive information provision, mainly via “notifications”, our limited attention resource is often divided by interruptions by those notifications. We define this situation as “interruption overload”.
To minimize user cognitive load overhead due to such interruptive notifications, we propose Attelia, a novel middleware that identifies opportune timings for  delivering notifications. Attelia works  in real-time and uses only the mobile and wearable devices (such as smartphones and smart watches) that users naturally use and wear, without any modifications to applications, and without any dedicated psycho-physiological sensors. Our evaluation through a series of in-the-wild user studies have proved the effectiveness of Attelia. A controlled user study showed that notifications at detected breakpoint timing resulted in 46% lower cognitive load compared to randomly-timed notifications. Furthermore, our “in-the-wild” user study with 30 participants for 16 days further validated Attelia’s value, with a 33% decrease in cognitive load compared to randomly-timed notifications. In user’s multi-device environments, combinational sensing among the user’s smartphone and smart watch improved the effectiveness more.  (For the detail, refer the publications at the bottom of this page.)

ノートブック、スマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、バンドなど我々はより多くのデバイスを使い、様々なアプリケーションやWebサービスを登録・利用し、またより多くの人達とソーシャルネットワーク上でやりとりしています。我々があつかう情報の量は増加の一途をたどっていますが、我々人間の「注意」(attention)の量は変わっていません。「注意」は computing における新たなボトルネックとなりつつあります。本研究では特に、このような状況におけるコンピュータからの「通知」と「割り込み」に着目します。コンピュータからの過多・過度な通知による割り込みは、我々の生産性を下げたり、また感情面でも悪影響を及ぼすことことが知られています(Interruption Overload)。Atteliaは、コンピュータ側における、ユーザの「注意」への適応的な動作を実現するソフトウェアです。Atteliaは、デバイスを使うユーザの作業の「継ぎ目」(breakpoint) を、スマートフォン上で (外部の生体センサを必要とせず) リアルタイムに検知でき、スマートフォン上での通知をそのタイミングまで遅らせて行います。ユーザ評価実験の結果、Atteliaが検知した「継ぎ目」のタイミングで通知を行う事で、ユーザの認知負荷を抑えられることが分かりました。研究室内での実験では46%の認知負荷抑制が見られました。30人の被験者自身のスマートフォンにAtteliaをインストールし16日間にわたって行ったユーザ評価実験では、33%の認知負荷の低下が見られました。

interruption_overload

Publication