« 2007年07月20日 | メイン | 2007年07月22日 »

2007年07月21日

Flaming Cursor Design

Flaming Cursor - マウスカーソルに炎がついてまわるサイト。それだけ。なんかいい。百式から。

C&C イノベーション研究所 Research

NEC、"世界の知の結集"を目指した「C&C イノベーション研究所」を開設奈良県生駒市の NEC 関西研究所内に設立。今後 30 年先を見据えた将来の情報通信システムの研究を実施し、グローバルなオープンイノベーション型の研究開発を推進。

当面の研究テーマは、「知識コンピューティング」と「こころコミュニケーション」など。イノベーション創出プロセス分析のために、研究所内の映像や音声、人の移動や接触、書籍や文献の参照履歴、パソコン操作履歴、ホワイトボードに書かれた内容などを記録/解析し、自動的にデータベースを構築するシステムを導入。むー。。

Web サーバ防御 UNIX

たった 2 行でできる Web サーバ防御の「心理戦」。Apache Web サーバの HTTP リプライヘッダ&エラーページ・フッタにおけるバナー情報の抑制 - Apache 設定ファイル(httpd.conf)の「ServerTokens Full」行で「Full ⇒ ProductOnly」、「ServerSignature On」行では「On ⇒ Off」 に修正して Apache を再起動。

Netcraft」サイトでは特定サーバのバージョン情報を検索可能。攻撃者の心理を考え、攻撃対象に選定されないようなシステム構築・運用も大切。

Google Earth Research

ゼロからはじめる Google Earth。Google Maps は、「検索」という用途から生まれた「新しい地図アプリケーション」。Google Earth は地図を見て「知る」楽しさに「操る」楽しさを加えたアプリケーション

左サイドバーにある「場所」の「お気に入り」に、「Sightseeing (観光)」というグループがあらかじめ登録されている(海外オンリー)。メモのアイコンは「Google Earth Community」に投稿された写真や内容を表示する機能。 「サイドバー」の「レイヤ」は、「地形」や「建物」の表示切り替えだけではなく、各種コンテンツも表示写真投稿サイトの 「Panoramio」と連携することで、自分で撮影した写真を Google Earth に連携表示可能

特集コンテンツ - TBS (BS-i) 系列で放映されている番組、「世界遺産」で扱った遺産の情報を Google Earth 上で確認。ディスカバリー ネットワーク - ガイドをクリックするとドキュメンタリーを中心とした放送チャンネル「Discovery Channel」の動画が視聴可能Seattle の「Safeco Field」など、「American Institute of Architects (米国建築家協会)」が選んだ 150 の建築物セット。「ESA (European Space Agency、欧州宇宙機関 )」が提供する、宇宙空間から撮影した写真や巨大な台風の 3D 映像など、精細な映像が多い。

MacFUSE UNIX

OS X ハッキング! (235) Leopard を先取り (6) - キメラ化する OS X。キメラ - ギリシア神話に登場する想像上のモンスター頭はライオンで胴体は山羊、尻尾はヘビ。Mac - Mach + BSD + NEXTSTEP (OPENSTEP) + Apple 技術。

MacFUSE - ユーザランド上で動作するファイルシステム API。iPodDisk - MacFUSE を使用した、iPod 上の楽曲を Mac にコピーしたいとき便利に使えるアプリ。

写真展 Design

気ままにスイートフォト (1) 写真展へ行こう! 写真展が開かれるのは、大きく分けて「美術館」「メーカー運営ギャラリー」(カメラやフィルムメーカー)「写真専門ギャラリー」。東京都写真美術館 - 日本で唯一、世界でも有数の総合的な写真・映像を専門とした美術館

高感度撮影 Design

高感度撮影が面白い (1) そもそも高感度撮影って何だ? 感度を上げて撮影することはブレを防ぐだけでなく、夜間撮影でも威力を発揮。高感度は英語で"High-Speed" = フィルムが高速に感光する短い時間で感光するISO 100 を基準に数字の倍数がそのまま感度の高さ、ISO 400 は ISO 100 の 4 倍感度が高い。

高感度撮影のデメリットは、画質の問題と高感度すぎると明るい場所で撮影できなくなってしまう点。フィルムや撮像素子が受け取る小さいエネルギーをいかに増幅するかが高感度撮影