« 2007年05月13日 | メイン | 2007年05月15日 »

2007年05月14日

Patisserie Map@都立大近辺 お食事

Patisserie tadashi YANAGI 八雲店 (定休日: 水曜、営業は夜 7 時まで) でもらった Patisserie Map. Patisserie Mont St. Clair (モンサンクレール、八雲の交差点から入った学園通り沿い、駐車場有り), Patisserie SOURIRE (スリール、駒沢通り沿いの五本木交差点近くイートイン可) など。

PM-DSC_0001.jpg

モモ (Momo) Movies

モモ - 「ネバーエンディング・ストーリー」の作者ミヒャエル・エンデ (ドイツ) の同名小説 (1973 年発表) の映画版 (1987 年)。全体的にイメージの映像化が素晴らしい(時間の花、灰色の男たち、など)。映画冒頭の列車内のシーンで、エンデ自身も本人役で登場。西ドイツ・イタリア制作のせいか映画フィルムとしての質は良くない。。

時間」がテーマの普遍的な真理を突いた物語。「時間」を人間に倹約させることで、世界中の余分な「時間」を独占しようとする「時間貯蓄銀行の灰色の男たち」の出現によって、町の人々はとりとめのないお喋りや人と一緒に過ごすゆとりのある生活(心の豊かさ)を次第に失っていく(時間=「お金」)。 時間を盗まれた人たちは、「忙しい」「忙しい」と時間に追われ、人間本来の生き方を忘れてしまう(現代の我々そのもの)。節約したはずの時間のありがたみを忘れて、さらに時間を他のことに使い込んでしまい本当に自分のためになる時間の使い方ができなくなる(結局、他人に使われてしまっている)。

強風で前に進めないなら後ろ向きに歩いてみる「時間の花」というイメージ、時間マイスター・ホラ (容貌魁偉なジョン・ヒューストン) のオーラ&風格、ガイド役の不思議な亀カシオペア、あたりが Good。できればハリウッドあたりに脚本は変えずにリメイクしてもらいたい作品

モモ
モモ
posted with amazlet on 07.05.14
角川エンタテインメント (2002/05/24)
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語
ミヒャエル・エンデ Michael Ende 大島 かおり
岩波書店 (1976/09)

羊羹 こしの お食事

東京 吉祥寺 菓匠 こしの - 羊羹・最中の専門店。小豆の栗羊羹最高においしいおさえ気味の甘味が絶妙。JR 吉祥寺駅中央口 (北口) からすぐの場所

ことえり UNIX

Mac の「ことえり」のユーザ辞書のデフォルトの配置場所は、「ユーザホーム」⇒「ライブラリ」⇒「Dictionaries」。

魚の八石 お食事

魚の八石 (はちこく) - 鶴ヶ島駅近くの魚屋系居酒屋 (夜のみ営業)。鶴ヶ島駅西口を線路沿いに霞ヶ関方面にずっと進んで、突き当たりを右に曲がって 100m ほど行った左手にあるいい感じにプレハブ風な外観のお店 (住所的には川越市)。八海山のお酒の品揃えが豊富。

最高に海産物が新鮮でどれもおいしい。何を頼んでもサイズが大きく、量も多めでしかも安い。ご主人がとてもいい感じ。穴場。。 

Mankoku-DSC_0418.jpg