« 2007年04月11日 | メイン | 2007年04月13日 »

2007年04月12日

Similarity-Enhanced Transfer Research

類似ファイルも利用して P2P の転送速度を引き上げる「SET」David G. Andersen 助教授(CMU)らが設計した P2P システム(NSDI '07 で発表 - Exploiting Similarity for Multi-Source Downloads Using File Handprints)。

サンプリングを使って同一ファイル以外からでも適合するパーツを見分ける。多言語翻訳された同一映画やバージョンが異なる同一ソフトウェアなどのダウンロードで効果。47% の共通性を持ったファイルを利用することでファイルサイズ 55MB の映画予告ビデオの転送速度が 30% 向上