« Toscana | メイン | Fleck »

ワイヤーフレーム分析

ハイクオリティサイトのワイヤーフレーム分析。ワイヤーフレームとは「ページの大まかな見取り図」、ページ構成を示したもの。トップページは、そのサイトの戦略や方針の縮図。

みずほ証券」と「ファミリーマート」の 2 サイトを例に。一般的に、更新性の低い (新規ユーザ対象の) コンテンツはページ上部に、更新性の高い (既存ユーザ対象の) コンテンツは下部に配置。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/3348

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)