« UWB 解禁 | メイン | 無線 LAN on N700 »

Brain-machine Interfaces

Brain-machine Interfaces - 神経:思考を行動に転ずる脳 - 機械インターフェースは、神経系の損傷箇所を迂回するように運動関連信号の経路を変更する (麻痺患者に役立つ)。脊髄損傷の患者が頭で考えるだけで画面上のカーソルとロボット装置を操作可能なことを実証。患者の皮質運動野には電極が埋め込まれ、それによって神経活動を記録して運動指令に変換。 関連研究論文や実験ビデオ映像などの特集。ふむ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/2660

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)