« 2006年07月13日 | メイン | 2006年07月15日 »

2006年07月14日

SIGCOMM 2006 Research

Selected Papers of ACM SIGCOMM 2006 Technical Program. 日本からは長さん論文発表!全体的に多彩

Session 1: Architecture "In VINI Veritas: Realistic and Controlled Network Experimentation," Andy Bavier (Princeton), Nick Feamster (Georgia Tech), Mark Huang, Larry Peterson, Jennifer Rexford (Princeton).
Session 2: Wireless "Analyzing the MAC-level Behavior of Wireless Networks in the Wild," Ratul Mahajan (Microsoft Research), Maya Rodrig, David Wetherall, John Zahorjan (University of Washington).
Session 4: Analysis "Minimizing Churn in Distributed Systems," P. Brighten Godfrey, Scott Shenker, Ion Stoica (UC Berkeley).
Session 6: Measurement "The Impact and Implications of the Growth in Residential User-to-User Traffic," Kenjiro Cho (IIJ), Kensuke Fukuda (National Institute of Informatics), Hiroshi Esaki, Akira Kato (The University of Tokyo).
Session 7: Coding "XORs in the Air: Practical Wireless Network Coding," Sachin Katti, Hariharan Rahul (MIT), Wenjun Hu (University of Cambridge), Dina Katabi, Muriel Medard (MIT), Jon Crowcroft (University of Cambridge).
Session 8: Security "SybilGuard: Defending against Sybil Attacks via Social Networks," Haifeng Yu, Michael Kaminsky, Phillip B. Gibbons (Intel Research Pittsburgh), Abraham Flaxman (Carnegie Mellon University).
"DDoS Defense by Offense," Michael Walfish, Mythili Vutukuru, Hari Balakrishnan, David Karger (MIT), Scott Shenker (UC Berkeley and ICSI).
Session 10: Routing 2 "Routing on Flat Labels," Matthew Caesar, Tyson Condie, Jayanthkumar Kannan, Karthik Lakshminarayanan, Scott Shenker, Ion Stoica (University of California at Berkeley).
"A Measurement Study on the Impact of Routing Events on End-to-End Internet Path Performance," Feng Wang (University of Massachusetts, Amherst), Z. Morley Mao (University of Michigan), Jia Wang (AT&T Labs - Research), Lixin Gao (University of Massachusetts, Amherst), Randy Bush (IIJ).
Session 11: Applications "Quantifying Skype User Satisfaction," Kuan-Ta Chen, Chun-Ying Huang, Polly Huang, Chin-Laung Lei (National Taiwan University).
"Planet Scale Software Updates," Christos Gkantsidis (Microsoft Research), Thomas Karagiannis (UC Riverside), Pablo Rodriguez, Milan Vojnovic (Microsoft Research).

若者の仕事生活実態 エトセトラ

「若者の仕事生活実態調査」結果速報25 〜 35 歳の 2500 人を対象に調査 (学生以外)。自分の態度・能力への自信は子ども時代の体験と関連。子ども(小中学生)時代に「親や学校の先生以外の大人と話をすること」があったと回答した若者ほど、仕事における態度・能力に自信をもっている。仕事の充実感は、「目標設定」「表現」「自己理解」「自己制御」「自主性」などに関係。 一面。。

無線 LAN on N700 Research

東海道新幹線の新しいサービスについて〜 N700 系 インターネット環境の充実などについて〜。車内に無線 LAN アクセスポイントを設置してインターネットサービス。2007 年夏からの新型車両「N700 系」にて。東京〜新大阪間。 ISP 契約が必要そう。。

Brain-machine Interfaces Research

Brain-machine Interfaces - 神経:思考を行動に転ずる脳 - 機械インターフェースは、神経系の損傷箇所を迂回するように運動関連信号の経路を変更する (麻痺患者に役立つ)。脊髄損傷の患者が頭で考えるだけで画面上のカーソルとロボット装置を操作可能なことを実証。患者の皮質運動野には電極が埋め込まれ、それによって神経活動を記録して運動指令に変換。 関連研究論文や実験ビデオ映像などの特集。ふむ。

UWB 解禁 Research

UWB が国内解禁 Wireless USB 登場間近に。総務省が、10メートル以内の近距離で高速に通信可能な「UWB」を 7 月末から 8 月初旬をめどに解禁し、免許不要で UWB 機器を利用可能に。3.1 GHz〜10.6 GHz までの広い帯域を利用 (出力はノイズレベル)。UWB を活用した Wireless USB は理論上は USB 2.0 と同じ 480 Mbps で通信可能。 ついに。。

総務省がウルトラワイドバンドで法改正電波に関する省令を改正。UWB の利用は屋内のみ。「ワイヤレスジャパン 2006」での、デジカメから UWB でパソコンに映像を送るデモの通信速度は実効 40 Mbps

VMware Server 無償化 UNIX

米VMware、「VMware Server」正式版の無償提供を開始ストレージベンダー EMC の子会社 VMware。ホスト OS として Linux と Windows、ゲスト OS として Linux、Windows、Solaris の32/64ビット版がそれぞれ選択可能。ゲストOS上でデュアルプロセッサ環境の利用も可能。 Xen の影響。。

Virtual PC 2004 SP1 UNIX

米Microsoft、「Virtual PC 2004」の無償提供を開始。「Microsoft Virtual PC 2004 Service Pack 1」をリリース&無償化。ホスト OS として、 Windows 2000 Professional SP4 以上 or Windows XP Professional/ Tablet PC Edition などに対応。 Mac OS X 向けはなし。。