« 2006年07月08日 | メイン | 2006年07月10日 »

2006年07月09日

バックハンド エトセトラ

ついにバックハンドを両手から片手に。フェデラーのバックハンドフォームが理想。。金森コーチ

今日のウィンブルドン決勝 (フェデラー (24 歳) vs. ナダル)、素晴らしいゲーム。

Firefox 13%シェア UNIX

Firefoxのシェア、13%に近づく。オランダの調査会社 OneStat.com による世界ブラウザ市場シェア。IE 83.05%Firefox 12.93%Apple Safari 1.84%、Opera 1.00%、Netscape 0.16% の順。米国ブラウザシェアでは、Apple Safari が 3.28% で 3 位。オーストラリアでは Firefox 24.23%、ドイツでは 39.02%。 IE7 の登場でさらに状況が変化しそう。。

Network Coding Research

"Network Coding: An Instant Primer," ACM SIGCOMM CCR Vol. 36, Issue 2 (January 2006). 少し新しい。

Intermediate nodes (ex. wireless base station) may send out packets that are linear combinations (XOR) of previously received information. 802.11 などの broadcast media で特に有効。

Jim's 10 networking papers Research

"10 Networking Papers: Recommended Reading," ACM SIGCOMM CCR Vol. 36, Issue 2 (January 2006). Jim Kurose が選別(personal list shaped by his interests and wolrd-views)。

"A Calculus for Network Delay, Part I: Network Elements in Isolation; Part II: Network Analysis," [Cruz 1991] (worst-case delay bounds on per-session の計算手法)。

tcpmkpub Research

"The Devil and Packet Trace Anonymization," ACM SIGCOMM CCR Vol. 36, Issue 2 (January 2006). anonymization policy に従って anonymizaing traces 可能な tcpmkpub ツール(安全性と研究への有用性を考慮)の提案。

研究の波 Research

『新しいことへの挑戦 長尾真』、電子情報通信学会誌 2006-7。「科学は対象を分析することで、そこに存在する原理を明らかにする。工学は、それらの原理を用いて人や社会にとって有益なものを作り上げてゆく道筋を明らかにすること。」

20 世紀の分析の時代から、21 世紀は生成・総合化・創造の時代へ。物事を歴史的な流れの中で理解すること=技術的発展を批判的に眺める。自分の研究分野が成熟期に入ってきたときに、新しい種を見つけて新しい分野の開拓をやり始める必要がある(新しい世界が開ける)。自分の道に対して自信とプライドを持つ。

知的ゲーム Research

『面白く、楽しく研究する 金出武雄』、電子情報通信学会誌 2006-7。自然体の姿勢で。研究とは、解くべき問題や自然の摂理とのやり取りを楽しむこと。CMU 故アラン・ニューウェル教授(AI 研究)の言葉 『Good science responds to real phenomena or real problems. Good science is in the details. Good science makes a difference.』。

素晴らしい研究をした人は、身近にある問題を例にとって、楽しく研究の話しをする 「何がどうしてどうなって」。物語性のある研究ストーリー=話しは大きく広く発展性があるが、活動は小さく具体的で詳細であること

人を納得させる理論、それを実証する実験やデータを作り出すためには、全体の構想とそれに沿った実行が要求される。研究を面白くするには、問題を擬人的(anthropomorphic)に捉え、問題との知的ゲームとして考えること(そして、真理・本質を突く)。