« ロボット技術&輸送技術 | メイン | インテリア3.6 for Mac OS X »

妖精・妖怪の復権

学会創立45周年記念シンポジウム併設展示報告 『優秀論文賞:妖精・妖怪の復権-新しい「環境知能」像の提案-』、会誌「情報処理」 Vol.47 No.6 (2006年6月)。環境知能=Ambient Intelligence (AmI)。 魂の宿る妖精・妖怪=大きな古時計の役割を果たすような計算機を目指すべき。うまい例え。科学技術は、何よりもまず『心の豊かさ』のために。

人間にとってコミュニケーションとは、「人間の暖かさの交換」であり、さり気ない一言やちょっとした笑顔が人々の心を豊かにする。

spirituality という概念=音楽、美術、芸術などが精神の深い部分にまで響き渡った思想性&宗教的でありつつ宗教からほどよい距離を保つ、ということ(日本語では、霊的・霊性)。メディアアートも油絵などの芸術も、全て基本的にはテクノロジーの産物1960 年代に、AT&T ベル研の Billy Kluver が E.A.T.:Experiments in Art and Technology 活動をスタート)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/2512

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)