« 10 networking papers | メイン | RESTAURANT UKKIE'S »

CONMI Workshop Report

"Community-Oriented Network Measurement Infrastructure (CONMI) Workshop Report," ACM SIGCOMM CCR Vol. 36, Issue 2 (April 2006). large-scale distributed measurement の実現が目的。community-oriented approach は passive (PM) よりも active measurement (AM) に適切。

AM において、PlanetLab には CPU load (プロセッサ時間がユーザごとにしか割り当てられない) & academic bias (基本的に research network path しか存在しない、commercial backbone links の欠如) 問題が存在。Client-side Software Infrastructure として、idle home machines を distributed measurement point platforms にするアプローチが有望(SETI@home などがモデル)。traceroute@home (AM), DIMES (AM, CCR2005), NETI@home (PM, Georgia Tech) プロジェクトなどがこのアプローチで、representativeness と limit topology sampling bias の改善につながる。 highly good work.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/2455

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)