« 2006年06月14日 | メイン | 2006年06月16日 »

2006年06月15日

Power Nap Research

クリエイターのためのライフハック 第4回 すごい昼寝"パワーナップ"でパワーアップ - pzizz15分~20分ほど仮眠をとってリフレッシュする「昼寝」のこと。昼寝により仕事効率が35%上がる、という NASA の調査結果。わずかな睡眠が集中力の違いをもたらす。睡眠が脳の活動を低減させ、脳の活動をある程度低く保つことでリラックスした状態に(創造的思考モード)。

Gwigle Game UNIX

The Gwigle Game - Googleの検索結果から、検索キーワードを推測する教育ゲーム。An educational game to help you use Google more effectively. おもしろい。

Parallels Desktop for Mac UNIX

Mac OS上にWin環境、「Parallels Desktop for Mac」の正式版リリース。発売開始から30日間は49.99ドルの割引価格(本来は79.99ドル)。「Hypervisor による仮想化エンジンにより、ネイティブに近いスピードと優れた安定性を実現。」 サポートゲストOS には、FreeBSD・Solaris も。 Virtual PC for Intel Mac が出るまでかな。。

Happy Birthday OpenSolaris Sun 関連

Happy Birthday OpenSolaris. プロジェクト開始は2005年6月14日。OpenSolaris コミュニティは1万4000人以上の規模に発展(Sun社員は1500人)し、170 のコード貢献があり既に 111 のコードが OpenSolaris に組み込まれている。DTrace の FreeBSD への移植プロジェクトが進行中。

Hack & Research Research

『ハッカー養成塾 ハッカーと研究者 ●千葉滋』、オープンソースマガジン 2006年 7月号。千葉先生、登場。とても示唆的

『研究』とは「もの作り」ではなく『ものを作るための新しい方法を見出すこと』。もの作りだけではなく、将来似たようなソフトウェアを作る人が参考にするべき汎用的なアイデアや知見を発見すること。

ソースコードよりも文章の形にしたほうが理解しやすいので論文執筆が研究者に求められる。「どういうアイデアに基づいて設計されているか」、「どういうアイデアがどういう機能の強化に役立っているか」を明らかに。ソフトウェア研究としては、「こういうシステムを作る場合は一般的にどう設計すればよいか」を考えて論文を書く。研究の中にうまくハックする場所を見つけよう。

OSS マーケティング UNIX

『まつもと ゆきひろのハッカーズライフ 第16回 オープンソースのマーケティング』、オープンソースマガジン 2006年 7月号。OSS の成功とその持続性は表裏一体。OSS の持続的開発には、開発者の生活の安定と外部からの継続的なインプットが重要。OSS にもマーケティング(広報)利用を。

成功例としての Ruby on Rails。「Java の 10 倍の生産性」というキャッチフレーズ、「わずか 10 分でブログソフトを実装」というビデオなど。ふむ。

Movable Type 3.3 日本語版 UNIX

Movable Type 3.3 日本語版発表 - タギング、ログフィード生成など新機能27日より出荷。登録ユーザーは無償アップグレード可能。日本語版のプラグイン・ディレクトリを開設。日本語化されて同梱される「StyleCatcher日本語版」。ProNet=ウェブサイト構築会社。