« 2006年06月13日 | メイン | 2006年06月15日 »

2006年06月14日

FreeBSD Device Driver UNIX

How to write a Device Driver in FreeBSD (John-Mark Gurney). BSDCan 2006 での発表資料。デバドラプログラミングの概要と注意点に関して。デバドラ作成に必要な知識や情報はカーネルソースにしかない ⇒ そのような知識を分かりやすく文書化。関数や構造体の早見表の資料も。 ざっくりとした説明。。

IAS コンピュータ&オートマトン Research

『コンピュータと計算機科学の離陸 ジョン・フォン・ノイマン(後編)』、オープンエンタープライズマガジン 2006/05/15発売号 (6月号)生物の神経系から情報伝達の仕組みを研究し、フィードバック・ループに着目していた MIT のノーバート・ウィーナーに大きな影響を受ける。

モンテカルロ法(ギャンブルで有名なモナコの都市名にちなんで) - 確率論的でない問題を確率論的な形式に変換して、統計的なサンプリングを活用して解に迫る方法 ⇒ コンピュータを科学技術や統計解析に貢献させる上で極めて大きな役割を担う。ノイマンはモンテカルロ法や数値気象学の発展に貢献。

IAS(プリンストン高等研究所)コンピュータ - 2進デジタル汎用コンピュータの源流、重量は 550キロ(ENIAC は30トン)、RAM の実現、ノイマンは IAS コンピュータの模倣を積極的に支援(技術情報のパブリックドメイン化・視察受け入れなど)。自然と人工の両オートマトンに共通な数学によって基礎づけられるオートマトンの理論を考案。1946 年のビキニ環礁核実験立会いが原因の骨癌で死去。

JAF 道路満足度調査

JAF による「道路の満足度と今後のあり方に関するアンケート」調査6割の人が道路の改良を希望、4割が生活道路を最優先に。生活道路には「安全性」、幹線道路には「交通の円滑化」を求める。 妥当な感じ。。

IBM Almaden Reseach Center (ARC) Research

シリコンバレー101 第180回 IBMのアルマデン研究所が20周年、謎に包まれた所内の一部をオープン。普段は関係者以外の立ち入りが固く禁止されており、家族や友人でもめったに入れない。ARC のこれまでの成果は、磁気ストレージトラックポイント、GMR (Giant Magneto Resistive) ヘッド、など。1952年にサンノゼ研究所がオープンし、世界初の磁気ディスク記憶装置 RAMAC (Random Access Method of Accounting and Control) が誕生。サービスに情報技術を組み合わせることで、問題解決、効率性や効果の向上を実現するのがサービス・サイエンス

uIP Embedded TCP/IP Stack 1.0 Research

8/16ビットマイクロコントローラ向け TCP/IPスタック - uIP 1.0登場Swedish Institute of Computer Science による開発。コードサイズは数キロバイト、使用メモリは数百バイト。The BSD License オープンソースソフトウェア。ソースコードはコメントが豊富で、FreeBSD や Linux ユーザランドで動作させるためのコードも同梱され、TCP/IPスタック実装を学ぶための教材にも。TinyOS でも採用

Google Earth 4 Research

「Google Earth 4」のベータ提供開始、高解像度画像が4倍に。ユーザーインタフェースを改善。世界人口の1/3 が住む地域で1メートルを切る高解像度画像を表示可能。テクスチャを施した3Dモデル建造物の表示サポートも追加。対応OSには Mac OS X 10.3.9以降、Linux なども。Google Maps もアップデート。