« VMware | メイン | PROTOPAGE »

SpaceBrowser

静止画コンテンツを3D空間に表示 商品PRや建物案内に。NTTソフトウェアから10月発売。専用プラグインにより Internet Explorer(IE)で閲覧可能。X、Y、Z軸のパラメータは可変。「正面から」「右から」「上から」の3つの視点ボタン。用途には、美術館の3Dモデルに展示作品を表示など。SpaceBrowserをGUIに使ったセキュリティシステムなどの構築も予定。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/1126

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)