« 被引用度 | メイン | 光触媒 »

ソメイヨシノ

なぜなぞ科学:桜の花よ パッと咲き、散るのは? ソメイヨシノは江戸中期に野生種を掛け合わせて生まれる。一斉に開花する花は花粉を運ぶ虫を引きつけるのに効果が大きい&花びらの根元が極端に細く風を受けると散りやすい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/510

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)