« Blog 比較 | メイン | 洗濯機 »

Charles Babbage

プログラムできる計算機の開拓者 チャールズ・バベッジ。真鍮製歯車式の階差機関やパンチカードによる最初のプログラム可変逐次処理計算機となる解析機関を開発。21 歳で、記号論理学先駆者のド・モルガンや代数学のジョージ・ピーコックらと解析学協会設立。37 歳でルーカス教授職(第2代はニュートン)。プログラム内蔵型計算機の起源は、紙のパンチカード(プログラム)を使う自動織機。世界の郵便制度の原型を数理的に導出し、オペレーションズ・リサーチの元祖にも。バベッジの協力者であり翻訳者のエイダ(女性) - ループ、条件分岐、ジャンプなどのプログラミング概念を使った世界初のプログラマー。ノイマン型コンピュータの原型はバベッジの解析機関。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/~masato/mt/mt-tb.cgi/636

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)