トップページ » Lifehack

セミナーを受ける前後にやっておきたい3つの習慣

無料のセミナーもありますが、有料・無料にかかわらず受講するからには「時間」という貴重なリソースを投下しているわけですから、何としてでも応分の“回収”はしておきたいものです。

そこでおすすめの習慣が次の3つです。

 1.受講前に、受講の目的を書き出す
 2.受講中に、受講後のタスクを書き出す
 3.受講後に、受講内容を人に話して聞かせる


1.受講前に、受講の目的を書き出す


何のために受講するのかを明確にしておきます。講師の話す内容すべてを持ち帰るのは不可能ですから、「少なくともこれだけは」という最低ラインを予め決めておくのです。

具体的には、セミナー申し込み時に「参加動機」を記入する欄があれば、そこに記入するといいでしょう(何を記入したかを控えとして手元に取っておきます)。

例えば、以下のようなイメージです。

 「○○について人に語れるようになる」
 「○○をもっとラクにできる方法を身につける」
 「○○の進め方について周りの人と意見交換する」

こういった、ミッションステートメントならぬ「受講ステートメント」とでもいうべき言葉をもってセミナーに臨めば、おのずと内容に集中できます。注意深く聞くところと流すところとのメリハリもついてきます。あるいは、講師に質問をしたくなるでしょう。

質問といえば、常々疑問に思っていることがあります。それは、「質問を何度しても、あるいは質問をまったくしなくても受講料金は変わらないのに、なぜ多くの人は質問をしないのだろうか?」ということ。

質問のタネをあらかじめ用意しておけば、質問せずにはおれないはずです。


2.受講中に、受講後のタスクを書き出す


せっかくお金と時間を投入したのですから、それを成果に結びつけたいものです。「成果に結びつける」というと大仰な感じがしますが、要は「これはいい!」とか「やってみよう!」と心動かされたこと──これがセミナーという現場に身を置くことで得られる最大のメリットでしょう──を、実行可能な形に変換することです。

セミナーという非日常で得られた“果実”を、日常に持ち帰って腐らせないうちに食べて“栄養”に変えるのが目的です。そのためには、すぐに食べられるように小分けにしておくことです。

具体的には、やろうと思ったことを、すぐにできるレベルにまで分解し、普段使っているタスクリストに盛り込むのです。こうすることで、日常のルーチンに組み込まれますから、確実にセミナーの“栄養”を摂取することができます。


3.受講後に、受講内容を人に話して聞かせる


タスク化することに加えて効果的なのが、セミナーで得たことを同僚や知人に話して聞かせること。当然、講師と同じようにはいきませんから、その濃度はぐっと薄くなります。それでも、相手にわかってもらうべく努力しますから、学んだ内容を頭の中で整理することになり、自分のためにもなります。というよりむしろ、自分のためにやっているといったほうがいいでしょう。

人に話すことのメリットは、それによって相手から質問される可能性が高いことです。あいまいにしか理解できていなければ、

 「それはどうして?」
 「○○じゃなくてもいいんじゃない?」

などのツッコミを前にたじろいでしまうでしょう。逆にこれらのツッコミにきちんと答えられれば、そのセミナーの内容をきちんと自分のものにできた証拠といえます。

これを「模擬セミナー」と呼んでいますが(受験指導で有名な和田秀樹氏が「模擬授業」と呼んでいたのにちなんで)、これをするとしないのとでは、セミナーへの時間投資効果はまったく違ってきます。

 「ランチおごるから、オレの模擬セミナーを聴いてくれ!」

くらいの勢いでも十分にモトを取れるはずです。

by   at 13:01  | Permalink

ミーティングで使えるちょっとした話法いろいろ

  • 「今日何を決めますか?」
  • 特に外部の人とミーティングする場合、ミーティングの作法が違うことが往々にしてあります。そうした場合、お互いの出方を伺いつつやるので時間の無駄になりがち。

    そうしたときはこの質問を最初にしましょう。成果にフォーカスさせることにより、メンバーがちょっとだけ真剣になりますよ。

  • 「今日は何時までですか?」
  • 終わりの時間が決まっていないとだらだらミーティングが終わります。最初に決めておいて、ホワイトボードに書いておきましょう。当たり前だけど往々にして決まっていないことが多い。もしくは参加者間で意識の違いがある場合が多いです。

  • 「他にアジェンダありますか?」
  • アジェンダはミーティングの最初に全員に確認しましょう。「今日、あのこと決まるのかなぁ・・・」は大きなストレスになります。

  • 「何分いります?」
  • しゃべりすぎる人には事前にこう聞くようにしましょう。こう聞いておけば「○分経ちましたよ」と話を中断しやすくなります。

  • 「じゃ、○○が解決したとして・・・」
  • なにか問題があって議論が前に進まないときは(よくある)、とりあえずそれが解決したと仮定して話を進めましょう。往々にして最初の問題が問題じゃなくなることがあります。

  • 「質問ですか?コメントですか?リクエストですか?」
  • だらだらとしゃべる人に向けて。本人もわかっていない場合が多い。

  • 「あまり時間はないですが、今何を決めますか?」
  • 議題のわりに時間がない、というシーンはよくあります。司会は時間を見ながら「今決められないことについて、今どうするか?」を常にウォッチしていなくてはなりません。

  • 「いつまでにやりますか?」
  • 期限の決まっていないタスクのなんと多いことか・・・(と思いません?)。

  • 「どうフォローアップしましょうか?」
  • 重要なタスクに関してはフォローアップする方法を決めておきましょう。誰か他の人に頼むといいですね。

  • 「他にもやることありますよね?」
  • 見積もりが甘い人は仕事を引き受けがち。そういう人はウォッチしておいて、「他にも仕事あるんだから、今うけない方がよくない?」とやんわりと警告しましょう。

  • 「じゃ、To Doをまとめますか」
  • ミーティングの成果はそこで決められたTo Doで決まります。最後に「誰が」「いつまでに」「具体的に何をするか(何がどうなったらそのタスクが終わりなのか)」を確認して終わりましょう。

by   at 12:57  | Permalink

大量の情報を“放し飼い”にしながらアイデアを生み出す方法

情報の「放牧」と「交配」の手順


本書よりプロセスだけ抜き出すと次のようになります。

 1.集める
 2.寝かせる
 3.放牧する
 4.化学反応を起こさせる(交配)
 5.アイデア!

このプロセスだけ眺めると、ジェームス・ヤングの『アイデアのつくり方』を連想させます。

 1.事実を観察する(収集)
 2.咀嚼する(整理)
 3.放り出す(寝かす)
 4.アイデアが飛び込んでくる(ユーレカ!)
 5.現実に適用する(実用化)

でも、微妙に違うところがあることに気づくでしょう。そう、「放牧」と「化学反応」というステップの存在です。この2つに注意しながら、それぞれ見ていきます。


1.集める


ソースを大きく2つに分類しています。

 1.本や雑誌
 2.上記以外のすべて(人から聞いた話、テレビやラジオで耳にしたこと等)

1については、気になったところにどんどん付箋を貼っていきます(使用する付箋としてはこちらでもご紹介した、一部が透明になっているポストイット・フラッグが推奨されています)。

2については、「二軍ノート」を用意せよ、とあります。「二軍」というからには「一軍」もあるわけですが、著者はいずれのノートもモールスキンがよい、としています。

使い分けについては以下。

日々目にする、耳にする情報、面白かったことなどは、まずは第一ステップとして二軍ノートに記録しておくのです。

そして、その中からこれは面白い、興味深いと思ったものをあとでセレクトし、一軍ノートにデビューさせるのです。(p.72)

二軍ノートの段階では、ムダと思ってもとにかくメモをすること。後から必要ないと判断したら、一軍に昇格させなければいいだけだ、としています。


2.寝かせる


付箋を貼った本や雑誌、あるいは二軍ノートに書いたメモの一部が一軍に移されるわけですが、その前に1ヶ月寝かすべきだと主張されています。その理由としては次のようなことが書かれていますが、

 ・ウィスキーやワインの熟成のように、寝かせると味わいが出る
 ・寝かせることによって記憶のシナプスを強化させる

いずれも料理番組における「きつね色になるまで〜」のような曖昧さが残ります。著者は明示していませんが、ここで大切なことは、「一定の成果を得るにはそれなりの時間が必要なのだ」という真理ではないかと個人的には思います。オーブントースターに入れたグラタンがこんがりと焼き上がるまでワクワクしながら待つ、そんなイメージと重なったからです。

それよりも、日々収集している情報ごとに「どの情報が一ヶ月の熟成期間を終えたか」を管理するノウハウが気になります。おそらく厳密さは要求されないのだと思いますが、冷蔵庫の中の賞味期限が気になる身としては、

 「しまった、気づいたら2ヶ月寝かせてしまった!Σ(゚ロ゚ )!」

 という事態は避けたいため、何らかのリマインダーをセットしているのかな、と思いながらこのあたりを読み進めていました。結局、関連する言及は見あたりませんでした、おそらく、どうでもいいのでしょう。


3.放牧する


いよいよ放牧の時がやってきました。時間がかかった分だけ期待も膨らみます。

でもフタを開けてみると、

 ・手帳に連番を付けて書いていく

だけでした。片づけずに、すなわち整理分類は一切せずに、生のまま「ひたすら出てきた順に情報を並べていくだけ」だといいます。

手帳は、いつでも、どこでも、パラパラとページをめくることができると書きましたが、このアトランダムな情報の羅列もそういう読み方を可能にさせます。情報の羅列だから、どこから始まってどこで終わるということはありません。開いたページから牧場のチェックが始められます。(p.100)

これが放牧の実態、ということになります。著者はこの方式でモールスキンの手帳を何冊も情報で埋め尽くし、旅に出る時には、適当に数冊選んで持ち出すといいます。さしずめ“ポータブル放牧”というところでしょうか。ちなみに、1冊あたり約1000の情報が収まるそうです。

このあたり、アイデアマラソンの樋口健夫さんによる『「金のアイデア」を生む方法』とも重なります。

これを続けるのだ。そうすれば、必ず宝物を見つけることができる。これが本書のメインテーマである。

事実、私は23年間、アイデアマラソンを継続してきた。この経験を通して確信を持って言えることがある。それは感じたことを毎日、少なくとも一個、ノートか、手帳に(場合によっては、パソコンかブログに)、書き続けたおかげで自分の求めていた貴重な思いや、発想を見つけ出すことができた。また、多くのことを実現することができた。



4.化学反応を起こさせる(交配)


さて、このような手帳を活用した放牧を通じて次の3つの力が発揮できるといいます。

 1.雑談力
 2.プレゼン力
 3.企画力

特に最後の企画力については次のように指摘します。

手帳における情報交配の一番気持ちがいい効果は、見知らぬ情報が出会って、そこからさらに新しい企画が生まれることです。Aという情報とBという情報から、Cというまったく新しい指針、アイデア、つまり企画が生まれるケースです。(p.111)

こうした“交配”はしかし、一朝一夕にできるものではありません。そこで、「交配を進めるためのちょっとした訓練」の方法が紹介されています。キーワードは既成概念。いいかえれば常識でしょう。


5.アイデア!


最後はゴールであるアイデアが生まれる瞬間です。

このように、一見、無関係な情報が交配して、そこに「筋」を通すひらめきがあると企画が出来上がっていきます。その組み合わせのタイミングの、ジャンプ力こそ企画力だと考えます。意表をついた組み合わせ、え、そっちに飛んでいくのという意外性。それをドシドシ鍛えていきましょう。(p.134)

by   at 17:23  | Permalink