Newcomer

新規履修者の方へ

スマートフォンなどのウェアラブル端末の普及に伴い,より簡単に自分の行動を記録できるようになってきています.しかし,様々なライフログシステムが現在普及していますが,人の一日の全行動は一部しか解析できていません.また,ライフログは,医療や社会調査など様々な分野に応用でき,さらに膨大なデータの保管・管理方法やその利用など様々な技術的な課題もあります.Life Cloud では,ライフログを研究の軸として, 1. 人の全ての行動の検知, 2. 検知した大量のデータの保存・管理, 3. データの応用方法 について研究を行っていきます.

活動内容

  • KGミーティング・勉強会への参加
  • 5限 RG授業への参加
  • ソフトウェア開発
  • デモンストレーション展示会出展
  • 論文執筆
  • 研究支援環境の整備
  • 研究室ネットワークの整理

期待する学生

  • 問題を自分で発見・解決できる方
  • 研究室にきて活躍ができる方
  • ライフログアプリケーション開発に興味がある方
  • BigDataの解析に興味がある方
  • 大規模データベースに興味のある方
  • 未経験でも大歓迎です!

研究の進め方

Life-Cloudでは,ライフログアプリケーションの実装や実証実験を行います.さらに論文執筆,学会発表などにより学術的貢献をし,次世代ライフログアプリケーションのためのプラットフォームを提案していきます.
本研究グループでは各メンバーが自身の研究テーマを持って研究活動しています.また,湘南藤沢キャンパスの他の研究室のグループや他大学の研究室とともに合同研究発表会を開催し,積極的な意見交換を行っています.この他LINK(http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/link),NOP(http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/nop/),CPSF(http://www.ht.sfc.keio.ac.jp/cpsf/)や徳田・村井・中村・楠本・高汐・重近・バンミーター・植原・三次・中澤合同研究会(http://rg.sfc.keio.ac.jp/)と協調作業して研究活動を行っています.

活動場所

  • 研究室: デルタ棟S213
  • ミーティング: デルタ棟S213 毎週金曜日 10:00~
  • 連絡先: lifelog[@]ht.sfc.keio.ac.jp