研究グループ

徳田研究室は現在、いくつかの研究グループ(KG)から構成され、グループ単位での研究活動を行っています。各グループについては下記の説明および、それぞれのグループのWebページを参照して下さい。

Cyber Physical Space Family (CPSF)

https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/cpsf/

CPSFはCyber-Physical Systemをキーワードとして研究を進めているKGです。実空間の出来事をコンピュータが認識するための「コンテキスト解析技術」やマウスやキーボード,ディスプレイに変わる新たなインターフェイスを創造する「次世代インターフェイス」、仮想世界の内部に閉じている電子情報を実空間に具現させる「情報可視化技術」などの分野に関する研究を行っています。携帯端末やセンサネットワーク,Webマッシュアップ,分散システムを利用したアプリケーションの研究開発にも力を入れています。

CPSF is the KG studying Cyber-Physical System as a keyword. We perform the research about “Context Analysis Technique” for a computer to recognize an event of the real space, “Next-Generation Interface” to create new interface to instead a mouse, a keyboard and a display, and “Information visualization technique” to let the real space incarnate electronic information virtual world closed inside. In addition, We perform the research and development using portable device, sensor network, web mashup and distributed system.

Life-Cloud

https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/life-cloud/

スマートフォンやウェアラブルデバイスの普及に伴い,より簡単に自分の行動を記録できるようになってきています.様々な「ライフログシステム」が現在普及していますが,人の一日の全行動は一部しか解析できていません.また,ライフログは,医療や社会調査など様々な分野に応用でき,さらに膨大なデータの保管・管理方法やその利用など様々な技術的な課題もあります.Life-Cloud では,ライフログを研究の軸として, 1. 人の全ての行動の検知, 2. 検知した大量のデータの保存・管理, 3. データの応用方法 について研究を行っています.

The spread of smartphones and wearable devices made users easily be able to track one’s activities. Various sorts of “Lifelog System” became widespread, but only partial datas are analyzed. Also, lifelog can be applied to many field including medical and social research. Furthermore, there are technical issues on keeping and managing vast amount of datas. Life-Cloud is doing research on 1. detection of all human behavior, 2. saving and managing detected datas, 3. applications of data, using lifelog as the main subject.

LINK

https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/link/

LINK は現実空間と情報空間の壁をなくすことを目指して研究をおこなっているKG です。私たちの使う全てのものが、現実空間と情報空間のLinkとなるというこのビジョンの実現には非常に多くの技術的課題が残されています。例えば、どうやって全てのものと通信を行うのか、様々な種類のデータやアクチュエータをどのように検索するのか、プライバシーやセキュリティをどのように確保するのか、などがその代表的な例です。Linkにはセンサネットワークのプロトコルから、アプリケーション層におけるミドルウェア技術などの研究を通じて、ビジョンの実現にむけて必要な要素技術や、想定される問題を解決するためのシステムの研究開発を行っています。

LINK aims to exclude the barrier between real world and cyber world. Although, many technical issues are still remaining when we ‘LINK’ the real world and cyber world with things around us. For example, how to communicate with all of networked things, how to discover various data and actuators and how to guarantee privacy and security are typical issues. We develop elemental technologies or systems to realize this vision, by researching protocols for sensor networks and middlewares for application layer.

MEMSYS

https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/memsys/

スマートフォンやセンサネットワークの普及に伴い、サイバーフィジカル・コンピューティングや、ユビキタスコンピューティングを対象とした研究が注目されています。MEMSYSは、これらの未来のコンピューティングの実現に向けて必要な技術的課題や理論的な問題の解決に取り組んでいます。実装だけにとどまらずに、ベースとなる理論を大切にしており、プロトコルやオペレーティングシステム、アルゴリズムといった幅広い基盤技術について研究開発を行っています。

Along with the spread of smartphones and wireless sensor networks, research for Cyber-Physical computing and Ubiquitous computing
is getting a lot of attention. In MEMSYS, we try to solve technical challenges and theoretical problems which are needed in order to realize these future computing. We think of not only implementation but also underlying theory as important things, and infrastructural technology such as protocols, operating systems, and algorithm is mainly studied here.

Sociable Robots

https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/srobot/

“Making Robots more Sociable”,ミュンヘン工科大学 Gordon Cheng 教授の言葉です.人とロボット,ロボット同士,ロボットと機械のインタラクションにおいて,ロボットに求められる「社会性」とはどのようなものでしょうか.この KG では,ロボットたちが周囲の状況と相手の情動をどのように理解し,どのような表情で相手と向き合うかを,ロボットの立場でデザインしています.ユビキタス情報空間,新たな人(身体)のカタチ,ソーシャブルなロボットたち,そしてそれらが三位一体となったインタラクションです.

“Making Robots more Sociable” is a phrase by Prof. Gordon Cheng who is the director of the Institute for Cognitive Systems, Technische Universität München. Now robots obtain capabilities to access ubiquitous information spaces, and human ability and our cognitive performance will be gradually enhanced. The robots will also be integrated well into the human life and helping us naturally. They will have rich sensory perception and use expressive facial and body signals, and are going to be sociable partners for us. He/her turns around when you call him/her, and is getting angry you hit him/her. In this Lab., we are discussing what kind of “sociality” robots should have and designing novel robot to robot (R2R) and robot to human (R2H) interactions.

A-City

https://www.ht.sfc.keio.ac.jp/a-city/

センシング技術の発達やデバイスの普及により,生活で生じる様々な情報を取得できるようになりました。A-Cityは人間の情動にまつわる情報(感情,注意,雰囲気など)に着目し,心身ともに豊かなSmart Cityの実現を目指します.そのためにA-Cityでは 情動の 1)検知 2)蓄積・分析 3)フィードバック の3点を中心に研究活動に取り組んでいます。

Due to the development of sensing technology and the popularization of computing devices, we can acquire various information occurring in our lives. Our team, A-City focuses on human affective (emotion, attention, mood, atmosphere, etc.) to realize the better world in the context of smart city research. To accomplish our goal, A-City is mainly working on 1)detection, 2) accumulation/analysis and 3)feedback of affective data.