Keio TGU Creative Cluster International Symposium on Co-evolving Cyber Physical Systems

2050年に向けたコンピューティングの潮流。ユビキタスの源流から、CPS、IoT、AI、スマートモビリティを超えて。


 来たる2018年3月10日(土曜)、慶應義塾スーパーグローバル事業における創造クラスター、「共進化するサイバーフィジカル基盤技術構築・実証実験」プロジェクトでは、第4回スーパーグローバルシンポジウム「Keio TGU Creative Cluster International Symposium on Co-evolving Cyber Physical Systems」を開催いたします。スマートシティ、IoT、スマートモビリティ、サイバーフィジカルシステム(CPS)、ロボティクス等に関する最新の研究開発動向について、国内外より多くのゲストをお呼びしご講演いただきます。

 米国の自動運転車研究の第一人者Ragunathan “Raj” Rajkumar教授 (米国カーネギーメロン大学)、”Active Badge”、”Vitual Network Computing (VNC)”等をはじめとした数々の先端的ユビキタスコンピューティングシステムを研究開発してこられた Andy Hopper教授 (英国ケンブリッジ大学) の2氏をお迎えしての基調講演をはじめ、多彩な講演とパネルディスカッションを予定しています。参加は無料です(要事前登録)。ふるってご参加下さい。


submit-gr200

基調講演 / Keynotes

Raj Hopper
【ご講演タイトルを近日発表予定】

Ragunathan “Raj” Rajkumar教授

George Westinghouse Professor, Department of Electrical and Computer Engineering, カーネギーメロン大学

Director, T-SET University Transportation Center.
Co-Director, General Motors-Carnegie Mellon Vehicular Information Technology Collaborative Research Lab.
Co-Director, General Motors-Carnegie Mellon Autonomous Driving Collaborative Research Lab.
Director, Real-Time and Multimedia Systems Lab.

 

“Computing for the Future of the Planet”
「この星の未来のためのコンピューティング」

Andy Hopper教授

CBE, FIET, FREng, FRS
Department of Computer Science and Technology, ケンブリッジ大学

 


開催概要 / Overview


お申し込み / Registration

どなたでも無料で参加できます。

Your participation to this event is very much welcomed! Admission is free (advanced registration is needed).

submit-gr200


プログラム / Program

プログラム/Program    
AM session
9:30-9:40 Opening Jin Nakazawa
(Associate Professor, Keio University)
9:40-10:40 Invited Talk 【ご講演タイトルは近日中に発表予定】
Ragunathan Rajkumar (Professor, Carnegie Mellon University)
11:00-12:00 Research Talks 5次元World Map System: 自然界・人間社会の知識資源統合・大局的共有の実現を目指して
清木康 (慶應義塾大学環境情報学部教授)

5-Dimensional World Map System for integrating and Globally Sharing Knowledge Resources in Nature and Human Societies
Yasushi Kiyoki (Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University)

持続可能な都市のための食料・エネルギー・水ネクサスの共創プラットフォームのデザイン
厳網林 (慶應義塾大学環境情報学部教授)

Co-design a collaborative platform with stakeholders for innovative management of urban food-energy-water nexus
Wanglin Yan (Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University)

共進化する交通システムの実現を目指して
大前学 慶應義塾大学環境情報学部教授)

Towards co-evolutional transport systems
Manabu Omae (Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University)

共進化するロボットたち 〜ソーシャルに振る舞うクラウドネットワークロボットとのインタラクション〜
高汐一紀 (慶應義塾大学環境情報学部准教授)

Co-evolving Robotics -Interaction with Cloud Network Robots acting socially-
Kazunori Takashio (Associate Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University)

共進化するスマートシティの構築
中澤仁 (慶應義塾大学環境情報学部准教授)

Building Co-evolving Smart Cities
Jin Nakazawa (Associate Professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University)

PM Session
13:00-14:00 Invited Talk Computing for the Future of the Planet
Andy Hopper (Professor, University of Cambridge)

Digital technology is becoming an indispensable and crucial component of our lives, society, and the physical environment.​ ​A framework for the role of computing in dealing with sustainability of the planet will be presented. The framework has a number of goals: an optimal digital infrastructure, sensing and optimizing the use of resources in the physical world, guaranteeing the performance of indispensable systems, and digital alternatives to physical activities. Practical industrial examples will be given alongside research goals and societal challenges and dilemmas.

14:00-14:40 Panel Session Theme:

  1. 2050年に向けたコンピューティングの潮流。ユビキタスの源流から、CPS、IoT、AI、スマートモビリティを超えて。
    The tide of computing towards 2050, from the origin of Ubiomp, CPS, IoT, AI, Smart Mobility and beyond –

Moderator:

  1. Yasushi Kiyoki
    (Professor, Keio University)

Panelist:

  1. Hideyuki Tokuda
    (President, National Institute of Information and Communications Technology)
  2. Andy Hopper
    (Professor, University of Cambridge)
  3. Ragunathan Rajkumar
    (Professor, Carnegie Mellon University)
  4. Hannu Jaakkola
    (Professor, Tampere University of Technology)
14:40-14:45 Closing Remarks

submit-gr200


同日の関連イベント / Related Event


アクセス / Access

mapmap

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス シータ館
Theta Building, Keio University, Shonan Fujisawa Campus Campus

アクセス/Access:
小田急線・相鉄線・横浜市営地下鉄ブルーライン「湘南台駅」からバスをご利用の場合
湘南台駅西口B出口から地上に上がり、1番バス乗り場から神奈中バス「湘23系統慶応大学」「湘24系統笹久保経由慶応大学」「湘25系統急行・慶応大学」行きに乗り、「慶応大学本館前」まで約15〜20分。

JR東海道線「辻堂駅」からバスをご利用の場合
辻堂駅北口の3番バス乗り場から神奈中バス 「辻34系統 慶応大学」行きに乗り、 「慶応大学本館前」まで約25分。

所在地/Address:
〒252-0882
神奈川県藤沢市遠藤5322 [GoogleMap]
5532, Endo, Fujisawa, Kanagawa, JAPAN


お問い合わせ / Inquiry

本シンポジウムに関するお問い合わせは、第4回スーパーグローバルシンポジウム「TGU Symposium on Smart Connected Cities」事務局まで、メール tgu-info ((at)) ht.sfc.keio.ac.jp でお願いいたします。
Please contact the administrative office of TGU Symposium on Smart Connected Cities via Email at tgu-info (at) ht.sfc.keio.ac.jp